子宮筋腫の手術を決意

月経困難をずっと耐えてきた私は、30歳の頃にそれまで一度も受診したことのなかった婦人科に意を決して行きました。

生まれて初めての婦人科受診で不安がいっぱいだったので女性の医師に診てもらえる病院に迷わず決めました。

婦人科で女性の医師というのはやっぱり抵抗が少ないし余計な緊張をしなくて良かったと思います。

そうして病院を受診し、初診での問診や内診の結果直径が5センチ程度の子宮筋腫がありますと言われました。

それから、筋腫が悪性のものだったらいけないのでMRIの検査も受け、良性のものと診断されひとまず安心しました。

女性のお医者さんに酷い便秘などはありませんでしたか?

と優しく尋ねられました。

そう言われてみると、私は慢性的に便秘にも苦しめられていて、それも子宮筋腫の影響だと分かったのです。

筋腫があることが判明して、さてこれからどう対処するかという事になりました。

お医者さんの考えとしては、妊娠出産を希望するなら筋腫のみを切除する方法が良いということでした。

私はそれまで身体にメスを入れたことがなかったので、手術と聞いただけで怖じ気づいて不安になりました。

それで、どの様な手術をするのか女医さんから丁寧に説明を聞いた上で、様子を見ながらしばらく考えることにしました。

お医者さんも急いで手術しなければならないわけではないので、良く考えて決めましょうと言いました。

子宮筋腫のいくつかある手術方法について説明を受けた中で、腹腔鏡を使って開腹せずに子宮筋腫のみを取り除く手術があります。

私にはその手術方法が一番向いているだろうと女医さんは言いました。

メスを使って開腹するとどうしても傷が残ってしまうので、これから結婚や出産を考えている女性にはお勧めできないそうです。

また、腹腔鏡を使って筋腫だけ取る場合は子宮の全体を取ってしまうよりも出血がひどいケースもあるそうです。

しかし、私の筋腫の状態だとその点でもさほど心配ないという説明でした。

私はしばらく考えて、筋腫がこれ以上大きくなる前に切ってしまうのが良いだろうと、手術を決意しました。