子宮筋腫の手術を無事に終える

子宮筋腫の場合に開腹での手術が良いのか腹腔鏡での手術が良いのかは、子宮筋腫が出来た場所や筋腫の大きさによっても違います。

どちらにしても手術が決まれば病院のスタッフを信頼して指示に従うしかありません。

看護師さんらがああしろこうしろと言うことには全てそれだけの理由があって、手術を安全に効果的に行う為なのです。

しかし手術の当日の朝から絶食は当然としても絶飲というのは、正直言って辛かったです。

痛み止めの薬を飲みたいと思っても水が飲めないので錠剤はムリですからね。

そんな場合にどうしても痛みが酷くて辛抱できなければ座薬を出してもらうしかないです。

しかも、前日から腸の中のものを出してしまうよう下剤を飲んだり当日は浣腸をしたりしていますからね。

何重にも苦痛が重なっているのを今日だけだ、手術さえ終われば長年の苦しみから解放されると自分に言い聞かせていました。

さすがに手術室に入る頃には、もうゴチャゴチャ考えても何の意味も無いと開き直るような感じでした。

看護師さんの誘導で手術室に入ると中央に備え付けられた手術台の傍らにはモニターがありました。

腹腔鏡での手術なので医師はそのモニターを見ながら手術するんでしょう。

胃カメラなんかはモニターに映った自分の胃の中を見せてもらえる場合がありますね。

子宮筋腫を切り取っているところを見せてもらえたら面白いのになあ、と思いましたが子宮筋腫の場合は麻酔で眠ってるので有り得ません。

手術台の上に横たわると心電図や血圧をモニターする器具を取り付けられ、点滴の針を打たれました。

麻酔医の先生がお薬を投与しますね、といった辺りから眠気が差してきてマスクを着けられたときには意識を失っていました。

「終わりましたよ」

などと声をかけられた途中の記憶もありますが、基本的にはずっと眠ったままで目が覚めたときは病室のベットの上でした。

目覚めたとき腹部に痛みがありましたが痛み止めの点滴のお陰で入院以来最もグッスリ眠れました。

腹腔鏡での手術は開腹手術と比べて術後の痛み止めの量も少ないみたいです。